診療案内

名古屋市名東区の歯科医院 インプラント・歯周病・入れ歯治療

口腔外科

親知らずの治療親知らずの治療

親知らずとは

一番奥の奥歯の事を親知らずと言います。親知らずが正常に生えてこず、横向きになっていたり、歯茎に埋もれていたりする場合、正常な歯を前に押しやって噛み合わせが悪くなったり、親知らずと正常の歯の間が上手く歯ブラシができず、虫歯になる可能性が高くなるため、場合によっては抜歯が必要になることがあります。

親知らずの治療

治療方法

診察を行い、神経の近さ・深さを診断します。必要な場合、3DCTを使用して診断し、抜歯を行います。深い場合は、下記病院を紹介いたします。

口内炎治療口内炎治療

口内炎治療

口の中の歯茎や舌などの粘膜にできる炎症反応の事です。
一般的には丸く白い「アフタ」と呼ばれるものが有名ですが、赤く腫れたりするものもあります。
話をしたり、食事をする時に、しみて痛いなど、日常生活において、障害が出ます。
睡眠不足や栄養過多など生活習慣の乱れや、口の中の小さな傷や細菌感染などが原因で口内炎が生じます。

  • 生活上の注意点
  • ○うがい、歯磨きを正しく行い、口の中を清潔にする。
  • ○口内を傷つけないようなブラッシングを心掛ける。
  • ○虫歯・入れ歯・差し歯など、治療中の歯を放置しない。
  • ○歯科医院で定期的に検診・クリーニングを受ける。
  • ○口の中を乾燥させない。
  • ○栄養バランスの良く正しい食生活を心掛ける。
  • ○疲労、ストレスを蓄積しない。
  • ○十分な睡眠をとる。
  • ○たばこ・アルコールの量を減らす。

顎関節症の治療顎関節症の治療

顎関節症(がくかんせつしょう)とは

関節内にある関節円板というクッションが前方にずれる事で、口を開閉すると「カクンカクン」とが出る状態を言います。また、これが大きくずれると、口が思うように開かなくなります。
口を開けようとすると頬やこめかみの筋肉が痛んだり、骨が「カクカク」したり違和感を感じたら、早めに口腔外科の診察をお勧めします。
顎関節やアゴを動かす筋肉に長時間、または慢性的に負荷がかかることで生じます。

顎関節症の治療
  • 生活上の注意
  • ○うつぶせに寝ない
  • ○頬杖をつかない
  • ○歯をくいしばったり、歯ぎしりしない
  • ○ガムの噛みすぎ
  • ○アゴの力を抜く

治療方法

顎関節、アゴの筋肉を安静にする事が大切です。上記、生活上の注意点に気を付け生活しましょう。
ポイントは、口を閉じている状態でも、上下の歯が離れている状態でいることです。上下の歯がくっついている状態は、力が入りすぎている(くいしばっている)状態と言えます。
無意識で行ってしまっている場合もあるため、スプリント治療で強制的に隙間を作る事もできます。

○スプリント治療
歯を覆う「スプリント」と呼ばれる装置を歯に装着します。これを付けている間は上下の歯が接触せず、
強制的に隙間を作り、アゴの関節・筋肉の負荷を軽減します。
○薬治療
筋肉の痛み、コリが認められる場合、消炎鎮痛を使用することもあります。
香流歯科医院 患者様の声 香流歯科医院 患者様の声

施術内容

  • インプラント
  • 歯周病
  • 入れ歯治療
  • 一般歯科
  • 小児矯正
  • 予防歯科
  • 審美歯科
  • 口腔外科
  • 口腔ケア
KANARE Dental Office blog