診療案内

名古屋市名東区の歯科医院 インプラント・歯周病・入れ歯治療

小児矯正

小児矯正の必要性小児矯正の必要性

お子様の顎が成長している頃に矯正を始めると、顎の成長をコントロールでき、綺麗な歯並び、整った輪郭に成長させることができます。また成人になってから矯正するよりも抜歯する可能性が低くなるなど、多くのメリットがあります。

小児矯正を行う時期は6歳から12歳ぐらいまでが適切と言われており、乳歯と永久歯が混ざった混合歯列期に行います。顎の成長が治療に利用できる頃がよりよい治療結果が期待できます。気になった時、一度相談を受けることをお勧めします。

矯正治療の流れ矯正治療の流れ

診断
現在の症状を診断しながら、矯正治療に関する説明や期間、費用などを丁寧に説明させていただきます。
arr
精密検査
レントゲン撮影を行い、歯列を分析します。綺麗な歯並びにするための写真撮影、歯型の採取を行い、これらの情報をもとに矯正歯科の治療計画を立てます。
arr
矯正治療、
矯正装置の装着
矯正治療を行い、歯列を整えます。
治療期間の目安としては1年~2年となっています。
arr
保定装置
歯が固定されるまで、保定装置でしっかりと維持していきます。
この保定期間がとても重要で、3~6ヶ月に一度診察を行い、その時の状態を判断致します。保定期間が終われば治療終了となります。

矯正治療の症例矯正治療の症例

14歳男性

  • 術前
  • arr
  • 術中
  • arr
  • 術後

14歳男性

  • 術前
  • arr
  • 術中
  • arr
  • 術後

14歳男性

  • 術前
  • arr
  • 術中
  • arr
  • 術後
香流歯科医院 患者様の声 香流歯科医院 患者様の声

施術内容

  • インプラント
  • 歯周病
  • 入れ歯治療
  • 一般歯科
  • 小児矯正
  • 予防歯科
  • 審美歯科
  • 口腔外科
  • 口腔ケア
KANARE Dental Office blog